ノットグレートなメン日記

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

ただのテレビウォッチャーのつぶやき。



らっすんごれらいがなんかきてるらしい。でもタブレット純とか厚切りジェイソンのほうが年明けに笑かしてもらった。

1.4の話になってしまうが、いぶし中邑凄かったなーと言いたいところなのですが、煽りVが相当良かったのが正直な所。

試合は文句無しなのですが、煽りVにやられて試合よりそこばっかり見てしまっている。
煽りからの中邑入場は本当に爆発してたとおもう。

あの入場の時点で中邑が勝ってんだよな、少なくとも見ている自分はやられた。

中邑がボマイエをフィニッシュにしだした頃、どうした中邑!?と思いながらワクワクしていた自分。初期はあの唐突なフィニッシュが必死感も垣間見えて、見てるこっちは爆笑だったわけで。あれは中邑なりの爆笑宣言だったんだなーと勝手に解釈。

あの変革期にアンダーソンがいたのは相当重要だったと思う。バーナードが抜けて中途半端だった時期ではあるけど、どうでもいい前哨戦とかのタッグで名勝負連発してトップ選手のフィニッシュに撃沈する様はマジで名ジョバーだったし、決勝まで進んだ棚橋、オカダとのG1戦のアンダーソンコールは必然の流れだったと思う。ついにトップ戦線にきたと思ったらサッとBCの二番手におさまるあたりは本当に上手いし偉いとしか言いようがない。

だってその頃のファレやトンガ他の外人勢じゃどうにもならなかったもんね。
けどBCが始まった時のあの絵は90年台が好きなヤツにはたまらん絵だったんよ。
まあそういうクレバーさの職人気質ってやつはバンドにいかせられる、、、わけねーか。

そういや昔ジャンプで職人気質って漫画が読みきりであったな。
結構面白かったんだけど誰も覚えてないやな。

でもそういうのって引っかかるし、いちいち覚えてるってのはバンドにもいかせられる、、、わけないけどせめてそういうバンドマンではありたいと思う。でもそこで止まる気はないし、だからこそこうやって深夜にテレビ見てるわけだし。

うん、そういうことじゃあないやね。

それは違うって突っ込みはショルダースルーなので、そういう意見はバック取ってから言ってくれ。
スポンサーサイト

カテゴリー:楽市楽座

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。