FC2ブログ

ノットグレートなメン日記

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

今日の仕事後のテーマは笑顔です。


ふう、毎日更新している棚橋選手はえらいな。
相変わらず趣味丸出しのつぶやき日記を書くとしよう。

年末のボクシングやらを録画したら容量が足りなかったのは記憶に新しいですが、IGFのボンバイエは個人的に楽しめましたね。しらねーよという意見はブレイクスルーです。

青木対山本が格闘技ファンからすると一番の注目カードだったのではないかと。ミルコはまあ、、、今も健在がわかればOK、ハイにはびっくりでしたが。

まあ青木選手ですか。
以前から記事読んでて、やっぱ変わってんなーというのが素直な感想。
彼の強い所(試合含め)は自分の考えが構築されていて、なおかつ結構正しいという事。その上で自分が正しいとは思ってないというか押し付けていない印象。発言も変わってたりするので尚更ですが、ひねくれものの彼に過去の発言をあれこれ言うのはナンセンスなのでスルーしとこ。まあそこが従来のヤンキー上がり的なファイトスポーツ選手とは一線を引いてるとこでしょうか。

自分なりに思う所は、試合は文句無しに強いし言葉も自己武装されていて、何か言われてもひょうひょうとしている。そうなってくると言葉を持たない人間は死ねとかそういう事でしか否定出来ない。嫌いだからと素直に言えないのは悔しいからだろうな。まあ言葉を持たないアンチはカミノゲの前田×青木の対談面白かったので読むべし。

個人的な印象では青木選手、色々記事を読んできたけどアリだと思います。
だって強いしし面白いし、ヒートも買えるなんて素晴らしいじゃないか。
超人である格闘家のファイトの部分に一般人の常識を当てはめようとする事自体ナンセンス。気に入らないから叩くのは良くない。自分とメンバーのゼンちゃん新日の内藤をただただ叩くのは理由があるからと、期待も込めているからなので再度ブレイクスルー

なんでこんな日記をだらだらと書いたかというと、青木山本戦のネット感想日記みたいなのがいたたまれなくなったからでして。

負けたが引き下がらない山本選手に対して、黒装束の運営のような人が出てきて一喝的な、こういう選手に対するリスペクトが無いのは良くないですねーみたいなのがあって。まあニュアンスはこんなんであってるだろと。

いやいやもぐりかお前は、元パンクラスの人食い高橋義生じゃねーか。日本人で初めてUFCで柔術倒した英雄だろ!てかTKとか言ってもこいつはわからんのじゃないか?(この日記これがいいたかっただけw)

100歩譲って悪いのは試合後に敗者への暴言を吐いた青木だろと。でもそれをさせない為に勝たなきゃいけない、というか敗者が何も言えないのが総合じゃねーか。プロレスじゃないんだから、だからこそ総合の舞台で勝者敗者のマイクが良い意味でスイングする事は本当に稀。負けたものは去れ!

実際ここまで布石の試合見てても山本選手にそこを求めるのは試合内容以上に酷でしたが、まあそこまで無情なのが総合の舞台。仮に勝った方が悪くても敗者には負けたという結果のみが突きつけられがちで 結局やいのやいの言っても勝った青木選手に対して色々言っても負け犬の遠吠えにしか聞こえない図式が出来上がる。

青木へのコメントがおめーむかつくんだよ!しか言えない(しかも勝つ)図式を作るプロだな。うん、そこに凄みがある。ベクトルは違うけどドランク鈴木の炎上テクニックみたいなもんか。そこに彼の強さがあるんだろうな。

とりあえずフィニッシュのグランドコブラはお見事でした!

あーやっとこれが言えてシメれる。まだ扉開いてるよという突っ込みに対しては三度のブレイクスルー
スポンサーサイト

カテゴリー:楽市楽座

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。