FC2ブログ

ノットグレートなメン日記

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

結局事故崩壊してしまう。


間宮貴子を聞く。

菊地成孔がラジオで押していた文字起しを呼んでyoutubeで聞いただけなんだけど、確かにと唸る。

大学時代にデートコース流れでどうのこうので聞いて菊池成孔に触れた経緯はあるものの、実際に自分が興味を持ったのは格闘技関連の読み物からの流れだったり、好きなラジオからの派生だったりするわけで。つくづく音楽的なセンスは足りんなと実感。
一番興味持ったのは、フジテレビで菊地成孔特集やった時に前田カレリン戦流れたからだもんな。

まあそんな感じの流れで間宮貴子を聞いた。聴いたが正しいのか。
昔のユーミンなんかのシティ感とアーバンが交錯する印象、とても良質。
山下達郎まわりの人が関連してる感じか。
普段はこれいいよねー的なものは反吐が出る思いですが、これいいよねーと言いたくなる。
やっぱり何も考えずに聴いてて良いと思わせる良質さなんだろうな。

トキメモ派生でハマった川口雅代もこういう感じだったな。何も考えず聴いてもいい仕事していると感じる作品が自分は感覚的に好きなんだろうな。普段理屈であてはめようとするから余計に。


まだ売れる方法論が無かった頃、まあそんなものあったらこんな音楽不況にはなってないですが。
良質な作品がヒットに繋がると信じて先人達は爆弾をしこしこ作ってたのかあと想像してしまう。

自分が中学生くらいかな、小室フィーバーも落ち着いた頃、本格派みたいなシンガーやらが沢山出てきた印象がある。ウタダとかもそんな感じでガーッと取り上げられてたけど、ミーシャとかあの辺なんかは特に本格派の印象よね。表現が適当すぎるけどそっち側はなんか暑苦しい気がしてあんまりのれなかった。でも良いものを作るって事に過剰になって倍倍ゲームで足し算してそうなってたんかな。渋谷系脱力からの反動?実際実力者も多かったわけだし、それがある程度売上も評価もあったわけだもんね。

でも暑苦しいのをノスタルジーに併せて一回聞き返すのなら良いけど、何度も聞き返すのって相当なフィジカルリスナーだなと思うわけで、下手したら笑っちゃかもしれないよね。本気すぎて引いちゃうみたいな。本気が笑いにつながっちゃうやつ。
凄すぎてわらけるともちょっと違うよね。そこからの転換をうまく利用したのがハッスル時の高田だと思うけど、ああ 折角音楽っぽい事を語ってたのに結局格闘技かよ。
まあ暑苦しくても本当に良かったら後になっても夏の熱さを楽しむみたいに聴けそうだね。


ジャンル的な質の違いだと思うけど、ブラックミュージックやそういう音楽が一般的に広まってブームみたいになった時、結構オセオセな主張でファッションとかまわりの物も浸透して知らない人の目に付くみたいなのってあったと思うんだ。ジャンルは限らず大半はなんとなく流れにのってそうしてた人が大多数だと思うけど。

だけどシティポップってさらっとそこにあるみたいな感じで、決して威圧するような感じで主張はしてなかった印象でいいなと思うわけで。時代もあるからギラギラ主張してた人もいると思うけどね。

さらっと主張しすぎない服を着て、可愛い軽なんか乗っちゃって、ワンピース着た彼女と都会やら海方面を流すみたいな。そこで邪魔しない程度に車内のカセットからゆーみんやナイアガラ~達郎関連のシティポップ流しちゃっていいよねー、なんて言っちゃって。

いかん、やっぱりジャンルは違えどこいつら嫌いだわ。

結局自己矛盾、文章構想崩壊という事で新年一発目の自己評論は完結できないのでした。



スポンサーサイト

カテゴリー:楽市楽座

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。